読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつやんの海外ひとり旅ブログ(2016年ANAのSFCプラチナステイタス獲得・JGC保有済)

海外旅行(主にひとり旅)の話題と、2016年に見切り発車で始めたANA修行の話題、その他マイルなど旅行関係の話題を書いております。(2016年9月SFCプラチナステイタス獲得・JGC既獲得済)

ANAプレミアム旅割28で、搭乗日2ヶ月と2週間前に予約をする方法

今年行ったANASFC修行ですが、私は関空の近くということもあり

修行は主に関空↔︎那覇(あるいはたまに関空↔︎新千歳)のプレミアム旅割28

で行ってました。

このプレミアム旅割28は、搭乗日2ヶ月前の9:30から発売開始となります。

 

そして、いつも不思議に思っていたのが

この搭乗2ヶ月前の9:30ちょうどにANAのホームページで予約しようと思っても

既に予約しよっと思っていた便のプレミアム旅割28が満席になってたりすることが多かったんですよ。

 

きっと、上級会員とかだったら搭乗日2ヶ月前の9:30より前から座席確保できたりするのかなぁ〜?

なんて思ってたんですが、

 

実は違うんですよね。

 

例えば普通に考えると、本日(2016年10月2日)の時点では、搭乗2ヶ月後の2016年12月2日(金)搭乗の分までしか予約できません。

 

でも、実はこの期日より、さらに2週間後の2016年12月16日(金)までの空席情報の確認や、予約購入も可能だって知ってました???

 

大した話ではないのですが、

今日(2016年10月2日)に搭乗2ヶ月後の2016年12月2日(金)の座席を予約する際に単独では予約できない、翌日の2016年12月3日(土)の復路(たとえば那覇関空)を予約できることは知ってる人多いと思います。

そして、さらには最大搭乗日2ヶ月と2週間後まで、たとえば2016年12月15日(木)の関空那覇、2016年12月16日(金)那覇関空なんて感じで、4行程まで予約購入ができてしまうことはご存知でしょうか?

 

これを使えば、仮に予約の最終の画面まで行かなくても、

週末の空席状況を搭乗2ヶ月と2週間前に確認する、なんてことも可能なんです。

 

また、たとえば今回の例だと2016年12月3日(土)の復路(たとえば那覇関空)が予約いっぱいで取れなくても、2016年12月2日(金)の往路(関空那覇)の予約を起点に、復路便を取らずに、また2016年12月15日(木)で関空那覇を取ることも可能。

(私の場合は取れなかった復路便は、キャンセル待ち。あるいは後に空きができた時に取る、最悪パターンは仕方なくプレミアム株主優待使ったりしました。)

 

ちなみに起点となる予約はプレミアム旅割28である必要はあります。

プレミアム旅割28とプレミアム株主優待が混在する予約は取れなかった。

 

知ってる人は知ってるだろうし

それほど裏技というほどのものではないですが、

(でも、あまりこの辺のことに触れてるブログって少なかったし)

 

最初に2ヶ月以内の予約が必要というのはありますが

起点となるプレミアム旅割28の予約が取れるとさらに2週間後の予約までできてしまうというのは、週末限定で修行をする身にはありがたい。

修行ですから集中的に搭乗する機会が多いですからね。

 

これを交互に組み合わせたりすれば自分の希望する便をうまく乗り継いで行くことが可能でしょうし。

 

あと、仮に予約をしてみて、2ヶ月と2週間後の空き具合を確かめられるのも、修行の予定を立てる上で役立ちますよね〜

(少なくとも無駄に搭乗2ヶ月前の9:30にPCやスマホの前で戦わなくて済むかもです)

 

ANAのプレミアSFC修行を国内線で週末にプレミアム旅割28中心で行おうと考えていらっしゃる方は、この知識を役立てていただけると幸いです。