読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつやんの海外ひとり旅ブログ(2016年ANAのSFCプラチナステイタス獲得・JGC保有済)

海外旅行(主にひとり旅)の話題と、2016年に見切り発車で始めたANA修行の話題、その他マイルなど旅行関係の話題を書いております。(2016年9月SFCプラチナステイタス獲得・JGC既獲得済)

ANAプラチナ資格取得後に発行するスーパーフライヤーズカードやクレカ編成を再考する

前言撤回すいませ〜ん(^_^;)

 

前回のブログで、

ANAダイナースSFCへの切り替え4月までとか待てないから、

貰えるマイルを諦めてでも、発行する!!

とか勢いで言ってましたが

 

頭冷やして、よ〜〜〜く考えてみると

現在、私はまだプラチナの事前サービスの途中

来年の4月から再来年3月までプラチナの本会員になれるわけです。

そう考えると、

焦ってANAダイナーススーパーフライヤーズに申請しなくても、

来年4月の段階でも1年間の余裕がある訳で

しかも、新規ではなく切り替えなので、そこまで心配しなくても良いのかと?

 

イラチな関西人的には、すぐにSFCになれずイライラはしますが、

せっかくのダイナースモールでの獲得ポイント勿体無いですし

一旦落ち着いてダイナースのポイントが加算されたのを確認してからでも良いかな?と考えております。

 

ちなみに、ダイナースのポイント

ウェブで確認できるんですが、実に分かりにくいんですね。

単に現在の保有ポイントが表示されるだけ(>_<)

 

いつ何に対して何ポイント加算されたのか?もう少し分かりやすければ良いのですが…(^_^;)

スペイン旅行の予約のエクスペディアの加算分をチェックするためにも、ポイント増減額や利用額、モールの加算対象の利用額やポイントなどをノートやエクセルシートで別に管理するなどして毎月チェックしようかな?と、

ほんま、ホームページ見てるだけやと加算漏れあっても気づかない感じなんです…(^_^;)

 

そして

なんとなくプランBもまた候補になりつつある

ってプランBって何やねん?

 

勝手に自分で考えてた、プラチナ到達後のSFCクレカ編成のプラン

プランAのANAダイナーススーパーフライヤーズカード(年会費30,240円ではなく

 

プランB

 

ANA-VISA-GOLD スーパーフライヤーズカード(年会費10,260円)

                          *まいぺ+WEB明細割引適用後

三井住友信託銀行提携のダイナース(年会費23,760円)*注1

                 *年間利用額50万円以上で年会費12,960円

の組み合わせ、

 

ダイナースを年間50万円以上利用すると、トータルでは安くなって

ANA-VISA GOLD SFCANA側のサービスも受けれるし

提携ダイナースANAマイル移行制限など微妙に制約あるものの、ダイナース側のベネフィットも受けれる。

なかなか良いとは思うのですが、カードの枚数増えるしね〜という感じ

 

そして、せっかくだったら

ANA-VISA GOLD SFCをいきなり発行してもマイルは大してもらえないので

(一応ANA側のキャンペーンではSFC切り替えでもいくらかはもらえるようだが…)

まずはANAダイナースSFCを保有し

そのあとANA-VISA GOLDを取得し(ここでマイルゲット)

三井住友信託銀行提携ダイナース発行

そしてANA-VISA GOLDをSFCに切り替える手順を取れば、

プランBのクレカ編成もできるはず。

 

 ちなみに、ANAカードに関しては

 カード発行会社やカード種別が違っていれば入会キャンペーンが何度でも受けられる(はず)

 私は過去にANA-JCB(現在退会)、ANA-VISA SUICA、ソラチカ、ANAダイナースと4種類のANAカードの発行を経験していますが、いずれでも入会キャンペーンの適用を受けております。

 特にANA-JCB退会、ANA-VISA SUICA入会の際にカード発行会社が違うと、たとえば過去にJCBの入会キャンペーンを受けていても、VISAでの初めてのANAカードだとVISA側の入会キャンペーンは受けれるとキャンペーンデスクで聞いたので、カード発行会社が違えば間違い無いでしょう。

 ANA-VISA SUICAANA-VISA GOLDについても重複持ちが可能で、追加発行でも入会キャンペーン適用対象だと聞いたことがあるので、実際申し込みの際には再度キャンペーンのデスクに問い合わせはしたいとは思っております。

 

 ただ明らかに上記のようなことを短期間で行えばカード会社の心象も悪いでしょうし(私は割と気にします)、

 またANAダイナースの時のようにANA-VISA GOLDの入会キャンペーンのボーナスマイルが加算されるのは発行後半年とかはかかるようなのでANA-VISA GOLDのSFCへの切り替えにも相当の時間がかかりそう。

 年会費支払い月などをうまく計算しながら、乗り換えてANAマイルを獲得していく必要がありそうです。

とりあえずこんな段取り

まずは、2017年4月にANAダイナースSFCに切り替え、

 ↓

2017年末ごろANA-VISA GOLD発行

(年末の出費で利用条件等があってもクリアしやすそう)

 ↓

2018年夏頃三井住友信託銀行提携ダイナース発行

 ↓

2018年秋 ANA-VISA GOLDの入会関連のマイルをゲットしたあとに、SFCへの切り替え申請

 ↓

2018年末 ANAダイナースSFC解約

 

もちろん、こんな感じで全てうまく事が運ぶわけないでしょうし、

なんとなく、ANAダイナースSFCの使い勝手が気に入れば

下手に動かずそのまま使い続ける気がいたします。

 

逆にANAダイナースSFCのサービスが低下したら、

三井住友信託銀行提携ダイナースも発行せず、

ANA-VISA GOLD発行→SFC切り替えみたいな感じになるかな?と思います。

 

色々と妄想するのは楽しいわけで、

SFCカードの切り替えが来年4月までズレ込みのは、

本当嫌なのですが、それまでカード編成を色々考えるのもまた楽しいかと思っております。

 

*注1 ちなみにダイナースがかってシティバンク傘下だった時は年30万円以上の利用で年会費無料などという提携カードも存在してましたが、現在は発行しておりません。

ただし既存のシティバンク提携ホルダーは年利用条件こそ60万円以上に上がったものの、継続保有できます。