読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつやんの海外ひとり旅ブログ(2016年ANAのSFCプラチナステイタス獲得・JGC保有済)

海外旅行(主にひとり旅)の話題と、2016年に見切り発車で始めたANA修行の話題、その他マイルなど旅行関係の話題を書いております。(2016年9月SFCプラチナステイタス獲得・JGC既獲得済)

国際線乗り継ぎ時の失敗

ターキッシュエアライン利用イスタンブール乗り継ぎのバルセロナ旅行から無事に帰ってまいりました。

 

日程がクリスマスを含む祝日と重なっていたため、観光施設や商業施設がクローズしてるなど決して良い日程ではないというのもあったものの、

何と言ってもホテル代を含めて10万円を切る破格値の旅行で、

観光施設もオープン日に行けるように調整することにより、のんびり回ることができ、

現地の気温も日本と変わらないか、少し暖かいくらいで過ごしやすく

久々のヨーロッパ旅行、初スペインということもあり、かなり楽しめました。

 

そんなバルセロナ旅行の中で、唯一のトラブルというのが、乗り継ぎ時のトラブルでしょうか(^_^;)

今回のスペイン・バルセロナ旅行はターキッシュエアライン利用でトルコ・イスタンブールで乗り継ぎをする必要がありました。

事前にネットで情報収集していたので、

入国審査はなくトランスファーと書かれた表示を進むと手荷物のチェックだけで、すんなり搭乗口のある制限区域に入れました。

 

バルセロナに飛び立つ時間が午前8時55分、

現地時間の午前6時前には、空港の制限区域内に入れましたので
SFC修行で得たスターアライアンスゴールドメンバーの資格でターキッシュエアラインのラウンジで搭乗までまったり
このターキッシュエアラインのラウンジ、とても広くて豪華、色んなフードやケーキ、飲み物も充実していて、なかなか満足出来そうな感じです。

f:id:yah-ya:20161230065526j:plain

f:id:yah-ya:20161230065553j:plain


そして行きは乗り継ぎ時間があまり無いので、

帰りはゆっくりしようということで、少し早めに搭乗口に向かいました。

 

搭乗が始まる時間が、午前7時55分だったのですが、ラウンジ入った時は搭乗口がまだ決まっておらず、とりあえず早めですが7時15分頃なら、慣れない空港でも余裕をもって搭乗できるかなということで1時間ちょっとターキッシュエアラインのラウンジで過ごしました。

そして、電光掲示版の指示する205搭乗口に少し早めでしたが向かい、

搭乗案内が始まるまでゆっくりしようと、

iPhoneに入れたAmazonプライムの海外テレビドラマを見ていました。

 

まわりには、少し前から待ってる日本人や韓国人と思しき人もいて、その時は何も感じてなかったのですが…。

 

搭乗が始まる予定の午前7時55分になっても、なかなか搭乗が始まらない
搭乗開始が遅れてるのかな?
離陸の時間は8時55分で1時間以上あるからね〜
なんて、14時間のフライト後で寝不足の働いてない頭で考えてしまってたのですが、
いよいよ8時20分くらいになっても搭乗が始まらない、

これは、明らかにおかしい!!!

 

すぐさま、近くの電光掲示版を確認すると、なんと搭乗口が205から705に変わってるではありませんか!
しかも、Boarding の表示!
もう搭乗開始してるやん!

今、思うと
「セブンオーファイブ〜何ちゃらかんちゃら」みたいなアナウンスがあったけど、僕は「205ツーオーファイブ」やから関係ないわと、勝手に解釈してたのですが、

それが搭乗口変更のアナウンスだった模様(^_^;)

 

もう時間がないということで、スーツケースを抱え走る走る!

ちなみに当初予定の搭乗口と変更後の搭乗口は広大なイスタンブールアタテュルク空港の端と端、

マジで間に合うんか?

という感じでしたが、なんとかギリギリで間に合いました(^_^;)

ちなみに僕と同様に搭乗口変更に気づいた日本人カップルらしき人や中韓の団体なんかも同じようなタイミングで搭乗口に来てました。

 

搭乗口変更に気づいて走ってる時は、

頭の中で

もしかして、このままバルセロナ行きに乗れずにイスタンブール置いてきぼりとかあるのか?

仕方ないイスタンブール観光するか?

そもそも、航空券の一部の乗り継ぎ失敗したら、残りの区間はどうなるの?

とか最悪の事態を想定して一人パニクってました(笑)

 

それにしても、僕が気づかずに待ってた搭乗口付近には他にもまだ日本人らしきグループがいたような。(早朝乗り継ぎのため、ベンチで仮眠してるような人も)

皆さん、ちゃんと乗り継ぎできたのかな?

自分がパニクっていたため、余裕もなくその人たちが無事乗れたか?は不明。

(もしかしたら、バルセロナ行きに乗るのではなかったかもしれないしね。)

 

今後の教訓

海外の乗り継ぎでは搭乗口の変更はよくあること

(過去にロンドンからエディンバラへの乗り換え時にもあった。その時は気づけた)

 搭乗口前で待ってる間も、

アナウンスに注意し、

人の集まり具合や地上スタッフが搭乗開始の準備を始めてるか?なんかを常にチェックして、こまめに電光掲示板の表示をチェックするくらいの慎重さは必要だなと思いました。

 

今回、余裕を持って行動したつもりが、まだまだツメが甘かったですね。

長時間のフライト後で、寝不足のため頭が良く働いてなかったというのも原因の一つですが、

本当に焦ったし、できれば2度とこんな経験したくないので今後は気をつけたいです(^_^;)