読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつやんの海外ひとり旅ブログ(2016年ANAのSFCプラチナステイタス獲得・JGC保有済)

海外旅行(主にひとり旅)の話題と、2016年に見切り発車で始めたANA修行の話題、その他マイルなど旅行関係の話題を書いております。(2016年9月SFCプラチナステイタス獲得・JGC既獲得済)

たつやんがANA修行時にやったプレミアム旅割28の予約の組み方

 だいぶと前のブログの記事で、プレミアム旅割28は、実は2ヶ月と14日前から予約できるんですよ〜というのを書きましたが、

 今年はプレミアム旅割28の予約が取りづらいという話を他の方のブログで目にして本当にそうなのかなぁと思い、エア修行予約をしてみました。

yah-tatsu.hatenablog.com

 

僕の修行の条件は

・ 土・日・祝 限定

・ 路線は、関空那覇(春以降は関空ー新千歳も)

・ 泊まりも可

 

 平日も旅行できるのなら費用も安くなるし、予約も取りやすい

 逆に僕より厳しい条件、例えば家の事情で朝早すぎたりの出発や夜遅すぎる帰宅は無理とかなると、やはり難しいのかなぁと。。。(^_^;)

 

 僕の条件くらいだと、なんとか予約は取れると思います。

 それでは実際にやってみましょう

* なお以下は、平成29年1月15日(日)午前9時ごろに実際にANAのサイトで確認しました。航空券の予約をされてる方の迷惑にならないよう、予約確定直前までで購入はしておりません。

1 まずは2ヶ月前の予約を確保

 まずは、普通にやったら予約できる2ヶ月前の平成29年3月15日までの土日で関空那覇便のプレミアム旅割28を検索したところ。

 やはり、往復でちゃんと取るのは難しく

 平成29年2月26日(日) 関空8:00→那覇10:20 3席空き 25,900円

 平成29年3月12日(日) 関空8:00→那覇10:20 1席空き 25,900円

の2つのみでした。どちらも帰りの那覇関空は取れません。

 帰りのことは後で考えるとして、とりあえず修行は間を空けたほうが楽なので2月26日(日)の方を選択し、下の「便を追加する」というボタンを押します。

 

2 次に2ヶ月と14日前を検索

 そして以前のブログ記事でも申し上げた通り、この2ヶ月以内の予約をすることにより2ヶ月と14日前まで検索範囲が広がります。

 まずは3月18日(土)の関空那覇を検索すると。

 関空15:15  → 那覇17:30 2席空き 30,500円

 関空19:40  → 那覇21:55 1席空き 30,700円

 日帰りだったら関空15:15 → 那覇17:30の便でしょうが、少しプレミアム旅割28の運賃が高いですね、獲得できる2,247PPの1PPあたりの単価は13.57円と少し悪いですね。(以下ANAゴールドカード保有・ステイタスなしの場合)

ちなみに当日中に帰るとすると

那覇20:05 → 関空21:55  4席空き 33,400円 ともっとPP単価は悪くなります。(ちょうど3連休だから高いんですね…

 

 そしてさらに1週間後の3月25日(土)の関空那覇を検索すると

   関空15:15  → 那覇17:30 3席空き 21,600円が見つかります、PP単価は前週よりかなり良くなって9.61円、

 そして日帰りということで那覇関空を検索すると

那覇20:05 → 関空21:55  2席空き 30,700円というのが見つかります、PP単価は13.66円

 

 なお翌日の3月26日(日)は今日(1月15日)時点ではまだ検索できないのですが、とりあえずこの日程で予約をしておきましょう。

(現在の予約)

平成29年2月26日(日) 関空8:00→那覇10:20 3席空き 25,900円

平成29年3月25日(土) 関空15:15 →那覇17:30 3席空き 21,600円

平成29年3月25日(土)    那覇20:05→関空21:55  2席空き 30,700円

合計 78,200円で 6,741PP(2,247PP×3)獲得でき、単価は11.60円まずまずでしょうか。

 

3 そして今度は2月26日(日)の帰りの便を取らなくては 

 帰りの便は、獲得PPは劣るが普通席で旅割28などを使って帰るか?

 あるいはプレミアム株主優待を使うかということになりますが、実は普通席あるにはあったけどPP単価が異常に悪かった。

平成29年2月26日(日) 那覇18:10→関空20:00普通席・旅割22,300円(PP単価20.12円)

平成29年2月26日(日) 那覇20:05→関空21:55普通席・旅割21,300円(PP単価19.22円)

ちなみに最初で3月18日(日)を選択したほうが価格は安めでしたが、それでもPP単価17.5円と16.78円でしたここまでPP単価が悪いとプレミアム株主優待を使うほうが良いでしょう。

ちなみにプレミアム株主優待だと

平成29年2月26日(日) 那覇18:10→関空20:00 3席空き 26,200円

あとは株主優待券を入力するのに金券ショップで4,000円くらいはかかるでしょうか?

(価格変動するので一概には言えませんが)

仮に26,200円+4,000円=30,200円だとPP単価は、13.44円となります。

 

 そして根本的に最初の予約を旅割で行う方法に変える手もあります

 例えば、関空那覇間の旅割で平成29年2月25日(土)11:55→14:20 10,500円という設定の便がありこれだと、PP単価9.47円となります、

 ただし帰りにそこまで良い単価の旅割がなく1泊すると翌朝9:35→11:20、10:25→12:10に同じく10,500円の旅割の普通席はありますが、

 当日だと20:10→21:55 18,700円(16.87円)となります。それであればここで上記のようにプレミアム株主優待を使って26,200円+4,000円=30,200円(PP単価13.44円)の方が良いかもしれません。

(変更後の予約)

予約1

平成29年2月25日(土)関空11:55→那覇14:20 10,500円 (普通席・旅割)

 1,108PP獲得(PP単価9.47円)

平成29年3月25日(土)関空15:15 →那覇17:30 3席空き 21,600円(プレミアム旅割28)

 2,247PP獲得(PP単価9.61円)

平成29年3月25日(土) 那覇20:05→関空21:55  2席空き 30,700円(プレミアム旅割28)

   2,247PP獲得(PP単価13.66円)

予約2

平成29年2月25日(土)那覇18:10→関空20:00 3席空き26,200円(プレミアム株主優待

 2,247PP獲得(PP単価13.44円)

 

 

4 そして次の土日が予約できる日になったら

 そして次の土日が予約できる日になったら、予約変更ですでに取ってる予約に付け足すことができるようになります。(4レグまで)

 残念ながらプレミアム株主優待の予約からプレミアム旅割28を広げることはできません。

 

   今回すでに3レグの予約をしてるので、あと1レグ…(^_^;)

 ただこれだと次の予約がまた片道になってしまうのがネックになりますよね、

 こうなるとやはりPP単価は悪いけど

 平成29年3月18日 関空15:15 →那覇17:30 2席空き 30,500円(PP単価13.57円)

 平成29年3月18日 那覇20:05→関空21:55    4席空き33,400円(PP単価14.86円)

  の予約も検討することになるのか?

 

 僕だったらやはり平成29年2月25日(土)の予約を再考し、1泊にして今後のプレミアム旅割28の予約を取りやすくするかもしれません。

 予約2をプレミアム株主優待から1泊してPP単価の良い翌日の朝の普通便に変更するのです。(この日程に変えると観光もできそうですし)

 

(さらに変更後の予約)

予約1

平成29年2月25日(土)関空11:55→那覇14:20 10,500円 (普通席・旅割)

 1,108PP獲得(PP単価9.47円)

平成29年3月25日(土)関空15:15 →那覇17:30 3席空き 21,600円(プレミアム旅割28)

 2,247PP獲得(PP単価9.61円)

平成29年3月25日(土) 那覇20:05→関空21:55  2席空き 30,700円(プレミアム旅割28)

   2,247PP獲得(PP単価13.66円)

予約2

平成29年2月26日(日)那覇10:25→関空12:10 10,500円 (普通席・旅割)

 1,108PP獲得(PP単価9.47円)

 

 こうすると予約1にはあと1レグ予約2にはあと3レグ付け足せることになります。

 普通席の旅割はプレミアム株主優待とは違い、予約変更で新たにプレミアム旅割28を付け足すことができ、かつ予約はプレミアムクラスと違って格段に取りやすいので、PP単価が良ければ考慮しても良いかもしれません。

 ただし、普通席は獲得PPが少ないので余計に日数がかかるのがネックですが。。。

 

5 まるでパズルのように

 久しぶりに修行の予約を取ってみましたが(あくまでもエア予約ですが)、やはり簡単ではないですね〜

 2ヶ月と14日前でも、結構これを知ってる修行の方が増えてるので希望する時間帯の予約となると難しいし

 あと意外に価格って変動してるんだなぁ〜というのもあって、費用を抑えようとするともっと予約は難しくなるのかも。

 

  そして、たつやんの昨年のANA修行時代のことを思い出すと、こんな感じで試行錯誤しながらまるでパズルのように日程を組んで行った思い出があります。

 

 やはり、プレミアム旅割28の予約は簡単ではないですが、

 個々人の事情を踏まえて、時にはプレミアム株主優待や普通席の旅割も使いながら効率化を計るしかないでしょうね。

 

 あまり参考にはならないかもしれませんが、今日の記事が今年ANA修行をされる方の参考になれば幸いです(^_^;)