読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たつやんの海外ひとり旅ブログ(2016年ANAのSFCプラチナステイタス獲得・JGC保有済)

海外旅行(主にひとり旅)の話題と、2016年に見切り発車で始めたANA修行の話題、その他マイルなど旅行関係の話題を書いております。(2016年9月SFCプラチナステイタス獲得・JGC既獲得済)

もしも、海外旅行で予期せぬトラブルになったら〜クレジットカード会社編

 昨今、海外旅行関係で話題になったニュースといえば「てるみくらぶ」業務停止・破産のニュース、海外旅行の最中にてるみくらぶ」が事業停止をし、滞在予定のホテルが取れてなかったり、「てるみくらぶ」からの支払いがなされてなかったため追加でホテル代を請求されたりだとかあったみたいですね。

 ツアーで参加する人は、海外旅行にも不慣れでしょうから、そういう予期せぬトラブルになった時どう対処して良いのか路頭に迷いますよね。

 そんな時は旅行先が有名な観光地であれば、日本のJTBだとかHISだとかの旅行代理店に相談するか保有クレジット会社の現地デスクに相談するのが一番スムーズかもしれません。お金はかかるでしょうが、現地で早急に宿泊先を探したり、帰りの航空券が有効かの確認(リコンファーム)などの手助けくらいはしてくれるでしょうしね。

 

 たつやんは、基本ひとり旅でツアー的な海外旅行が嫌いということもあり、ほぼ個人旅行で海外に出かけています。

 海外で予期せぬトラブルにあった時、クレジットカードのほとんどが緊急アシスタントデスクを持っているので、あらかじめ電話番号等の連絡先を控えて持っていくようにしています。

 昨年のバルセロナ旅行の際には、トルコ・イスタンブールでの乗り換え時に搭乗口が変更されたのに気づかず、あわや乗り遅れるか?という事態もありました。その時は、変更後の搭乗口にスーツケースを抱えながら

「もし乗り遅れたらどうしよう!」

「相談したら振り替えてくれるのか?あるいは自腹でイスタンブールバルセロナのチケットを買う?」

「いっそイスタンブール旅行に変えるか?」とか

頭の中でクルクル考えを巡らせておりました。

 

結果、なんとか搭乗に間に合ったのですが、生きた心地はしませんでしたよ(^_^;)

yah-tatsu.hatenablog.com

 

というわけで、たつやん手持ちのクレジットカードでの、海外旅行時の電話でのトラベルサポートを比較したいと思います。

 

1 デルタスカイマイルアメリカン・エクスプレス カード

 昨年の9月までは緑色のアメリカン・エクスプレスカードを持っておったのですが、利用頻度も低く修行の際にニッポン500マイル目当てでデルタアメックスを作成したこともありこの一枚に統一(ニッポン500マイルは今年も延長されましたね)

 

 アメリカン・エクスプレスカードには、グローバル・ホットラインという電話サポートがあり

 なんでも、

海外の旅行先からでも、お気軽に日本語でお電話ください。
レストランのご予約をはじめ、医療機関のご紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料またはコレクトコールでご連絡いただけます。

 とのことで、コンシェルジュサービスのごとく、他社のようにカードの紛失盗難だったりケガ・病気などの緊急の用件だけではなく、レストラン予約なんかのカジュアルな用件で電話してもいいというのが、なかなか良いのではないでしょうか?

 ちなみに、

  • 日本国内で本サービスはご利用いただけません。

 という注意書きもありますので、あくまでも海外旅行時のみではありますが

 

yah-tatsu.hatenablog.com

 

2 ANAダイナースクラブカード

 病気怪我の際などには、24時間年中無休のエマージェンシーアシスタンスサービス、緊急医療相談サービス、東京海上日動と提携している病院でのキャッシュレスサービスなどなかなか充実しています。

 

 またトラベルデスクもあり、アメックスのグローバル・ホットラインと同様に緊急時のサポートはもちろん、レストランや舞台の予約もできるようです。

 なおこちらはどうもHISと提携してるようでして、各都市HISの支店内にデスクがあるようです。

 

3 セゾンプラチナアメックスカード

 セゾンのプラチナにも海外アシスタントデスクがあります。

 現地情報のご案内をはじめ、さまざまなご予約の代行を承ります。ホテルやレストランのご予約・ご案内や各種チケットの手配から、「パスポートをなくしてしまった」というようなお困りごとが起きた場合など、すべて日本語で承ります。

 

 とありますので、ダイナース・アメックスと同様にセゾンのプラチナアメックスでもサービスが受けれるようです。

 

 とここまで見て来て、本家のアメックスもダイナースもセゾンのアメックスもサービスほとんど一緒やん

 と思ったでしょう。てか、僕も思いました。

 

4 一緒のようで本家のアメックスは一味違うかも?

 それは、ダイナースはHISに丸投げ、

セゾンも現地のカードデスクで対応していて

基本的には、デスクに赴くというサポートのイメージではないかと

そのため、営業時間があって年中無休であっても基本営業時間だけしか開いてない。

 

それに対して、アメックスは

電話で24時間日本語対応というのが売りではないかと?

ダイナースも医療系のトラブルは24時間ですが)

 

24時間電話で、日本語対応というのはなかなか心強いですね。

しかも、レストラン予約などの軽めの相談でも大丈夫となれば、電話をかけやすい。

正直、これがあるからアメックス本体発行のカードって切り捨てられない面があるかと、

ちなみにたつやんは一度もこのサービス使ったことないですが。。。

 

ちなみにアメックスのグリーン とゴールドでは海外アシスタントサービスに違いがありまして、グリーンがグローバル・ホットライン、ゴールドはオーバーシーズアシスト。

違いは緊急時の医療面・法曹面でのサポートがゴールドの方がより手厚いのだそう。

 

修行終えた今、正直デルタアメックスは使い所に困るカードですが、

海外旅行(しかも個人旅行)好きな僕には上記のような海外対応のあるアメックスをなかなか切りづらいなぁ〜と思ったり。

別のアメックス本体発行のカードに切り替えるべきか?

ダイナースも解約(別カードに切り替え?)の方向だし、

修行を終えた今

自分にとっての理想的なクレジットカード編成を模索している最中であります。